前へ
次へ

離婚問題に発展しない心得

妻だけを愛し続けることを約束したはずの結婚に、陰りが見えるのは不倫(浮気心)というように、離婚問題に発展する内容です。
結婚している男性が、女性を口説く時には「妻とは別れる」という言葉を口にするようです。
これを信じて情交関係を持つケースもあります。
それでも結婚に至らない場合、女性が慰謝料を請求する可能性もあるのです。
離婚問題では、法律上の知識がなければ解決できないこうした問題も起こりうるのです。
既婚者だからという理由で100%の責任はありません。
要点は、女性側が妻子がいることを知っていたのか、という点です。
事前のアプローチで知っていることは明確、離婚を期待して情交関係を持ったのであれば、不法な動機があると判断できます。
もちろん、責任の重さからいえば男性にありますから、貞操侵害を理由にすれば慰謝料請求も認められる可能性は高まります。
責任をなすりつけることは、子供がいる場合の離婚問題ではタブーです。
いかなる時でも、妻子を守り抜くことに努めてほしいものです。

Page Top