前へ
次へ

離婚問題解決にかかる期間

離婚問題を解決するためにはある程度の時間が必要だと思われがちですが、実際に話し合いがスムーズに進めば

more

離婚問題で苦しまないために相手を慎重に選ぶ

結婚をして離婚問題に発展した場合は、他の人と結婚すれば良かったと後悔することがあり精神的にダメージを

more

離婚問題として勝手に離婚届が出されそうなとき

夫婦関係が破綻していたとしても何とか夫婦生活を続けることがあるでしょう。
別居をしていると新た

more

夫婦生活を修復するのも離婚問題では大切

離婚問題を解決するのが、法律事務所(離婚専門の弁護士)です。
もちろん、円満な解決には、夫婦生活の継続が第一にあげられます。
経験を踏まえて、一時的な感情で「離婚をしたい」と相談しても、思いとどまる、踏みとどまることを先に助言します。
矛盾を抱えた夫婦関係も、まずは矛盾を紐解くことが大事です。
その上で、お互いの幸福のための発展的解消に離婚という話し合いが持たれます。
しかし、離婚問題は思うように進まない場合がほとんどで、精神的打撃もあれば、お金の問題、子供のこと、そして何より将来の不安から不眠症になる人もいます。
法律上、請求することのできる婚姻費用、特に社会的地位が低い女性(妻)は、別居の道を選ぶケースもあります。
その間も夫婦として成り立っていますから、生活費を夫に請求することができます。
最良の解決は、夫婦それぞれで異なります。
お金、子供、男女のトラブル、どれも解決してから離婚届を提出する必要がありますから、法律事務所に相談しましょう。

公民館パソコン講座も開いています

コレポンの翻訳もお任せください
海外の取引先とやりとりがある方のサポートをします。

高能力・高品質の人材がお客様の認証取得サポートをします
ISO審査資格者で10年以上の経験者が指導や各種作業の代行するので、素人でも安心です。

依頼費用も明確に決まっているので安心!
依頼内容によって大まかな料金が決まっているので、追加の費用が後日かかるといったことがありません。

協議書の作成をサポートしたり、訴訟・調停の出頭の代理になったり、力強いサポート役は弁護士です。
協議離婚は、夫婦間で問題が解決できる内容で、一般的にこの手が多い解決案です。
不成立であれば、調停申請をして成立させる方法が取れますが、それも不成立であれば、審判を下してもらいます。
2週間以内に異議申し立てがなければ、離婚届が提出できます。
最終的には、裁判で提訴という流れです。
裁判官による判決、10日以内に判決に異議申し立てがなければ成立する内容です。
夫婦生活を継続できる、最近では不倫の疑惑から探偵を雇い、証拠集めをする人も増えているといいます。
不貞行為があっても、別れる道を選ばずに関係を修復する夫婦が増えている話も耳にします。
例えば、不倫相手に慰謝料を請求したり、不倫相手に二度と接触しないことを約束させるケースが多いようです。
子供がいるから、好きだから、こうした気持ちに応えるのも法律家の仕事です。

Page Top