前へ
次へ

離婚問題で調停離婚での対応の仕方

裁判所にはいくつかの種類があり、最高裁判所や高等裁判所は全国にもそれほどありません。
でも家庭裁判所や簡易裁判所となると意外に身近なところにあったりして、いざ行かなくてはいけなくなったときにここだったのかと気づくときもあります。
離婚問題が生じて調停離婚が必要になったときは家庭裁判所に申し立てを行います。
すると後日裁判所に出向く日を指定されるので、それぞれが別々に調停委員と話をすることになります。
離婚問題において調停離婚をするとき、できれば弁護士などの法律の専門家に事前に相談しておきましょう。
実際の調停の場では本人しか行くことができず弁護士は同席できません。
ただ調停委員との対応の仕方などを打ち合わせできるので、自分に有利なような調停案を示してもらうには対応の仕方が重要になります。
弁護士であればどんな対応をしたらいいのか、言葉の選び方などを教えてくれるので、自分の主張を通すことができるかもしれません。

Page Top